J-shine/TECSOLコースについて|最近良く耳にするけどどんなコース?



こんにちは!メルボルン無料留学エージェントの"Level Up Studies"です。ワーキングホリデーでオーストラリア滞在中に"J-shine"という言葉を日本人の中で良く耳にしませんか?子供が好き!オーストラリアで学んだ英語を子供に教える仕事がしたい、ワーホリの集大成として形になる資格がほしい!と考える方が多く、最近はJ-shineコースがとても人気のコースになっています。


そこで今回は最近よく聞くJ-shineコースについて紹介したいと思います。



【J-shineコースとは?】

J-shine/TECSOLコースは英語教授法を学んで資格取得のためのコースになります。

J-shineは「Japan Shogakko Instructors of English」の略です。日本では児童英語教師の国家資格がありませんので将来子供に英語を教える仕事がしたいという方はJ-shineの資格を取る方が増えています。

こちらは教員免許ではございません。

さらに授業内では発音法やフォニックス、歌を交えながらの実践的な児童英語教授法を学んだ後に実際に現地の小学校を見学したり、子供たちに対し自分たちでアクティビティを考えて幼稚園実習にて学んだことを発揮できるというコースになります。コース終了後にJ-shineTECSOLの資格取得が可能です。(授業にすべて出席して実習態度も重要になります)



【資格を取得したあとはどのようなキャリアに繋がる?】


J-shineは日本の小学校で英語を教えることが出来る資格です。資格を取得した後は公立の小学校にて4歳~12歳を対象に英語を教えることが出来ます。きちんとした英語教授の知識を身に着ける為に最近では教員免許+αでJ-shine資格を取る英語教員も増えています。

J-shine/TECSOL資格を取得したあとは日本国内・国外での英語教育機関での就職活動が可能です。日本の小学校以外にもインターナショナルスクール、英会話スクール、ECCジュニア、ヤマハ英語教室などの英語プライベートスクール等で優遇されます。



【なぜJ-shineコースが人気なの?】


J-shineコースの人気の理由は下記になります。


1.英語教授法を学ぶので自身の英語力もアップ出来る

2.資格を取得出来る

3 .ワーホリの集大成として資格を日本に持ち帰れる

4.6週間という短期間でコースの受講が出来る

5.資格をもとに就職活動でのアピールが出来る



【J-shineコースはこんな人にぴったり!】


・日本で保育士をしていた

・日本で小、中、高の教員をしていた

・こどもと関わることが好き

・将来は子供に英語を教える仕事をしてみたい

・就職時に役立つ資格が欲しい

【入学基準は?】


J-shineコースは英語教授法を学ぶコースのため、ある一定の英語力が必要です。

語学学校でいうとIntermediateレベル以上が必要になります。

Speaking,Writing,Listening,Readingの4技能すべてをカバーしている必要があります。

コース入学前に学校が用意する無料のテストを受けて、もし英語力が足りない場合は

語学学校で英語を延ばしてからJ-shineコースに入学するのが一般的です。



【コースのタイムテーブルは?】


J-shineコースは平日月曜から金曜まで午前8時から午後14時半まで。

午前中はTECSOLの生徒と一緒に英語で国籍ミックスのクラスで学びます。

午後からはJ-shineコースのみで日本人のクラスで日本語で学びます。

4週間の座学の後は2週間の実習になりますが、実習のタイムテーブルは午前9時から午後15時までです。

入学日や実習先により時間帯は若干異なる場合はあります。



【コースについてもっと詳しく知りたい?】


・学費はどれくらいかかるの?

・どんな学校で学べるの?

・授業内容を詳しく知りたい!

・私の英語力でも入学できるの?


などなど、気になった方はお気軽に日本人カウンセラーまでお問合せください♪

【さらに!11月までのお得な特別キャンペーン】


J-shine/TECSOLコースにお申込み、お支払いいただいた方の中から先着3名様$50相当VISAギフトカードをプレゼント♪♪

こちらは11月末までに弊社を通して申込み、お支払いを完了された方が対象になります。



0 views

© 2020 by Level Up Studies